Amazon

ホームページ

シェアボタン

楽天

相互リンク

人気ブログランキング

アクセスカウンター

ツール

快眠方法まとめ

眠りたいのに眠れない!
朝起きれない・・・
そんなことは誰にでもあるはずです。
さて、今回は様々な快適な睡眠をとるための方法をまとめてみます。

レム睡眠、ノンレム睡眠

よく聞くレム睡眠ノンレム睡眠ですが、簡単にいうと人間は浅い眠りと深い眠りを繰り返しています。
これは朝の目覚めの良さに影響します。
つまり睡眠時間を1時間半の倍数にすると丁度目覚めが良くなるはずです。

朝にやる事

日光を浴びる

これによって体内時計が調整され、夜眠りに入りやすくなります。
適当な光よりも本物の日光が有効なようです。

何か飲む

何かを飲む事は胃などに刺激を与えてくれます。朝起きた時人間の体は乾いているので水分補給にもなります。

朝食を食べる

朝食を取ることは体内時計に作用します。たくさん食べなくても固形物をのどに通すのは朝の目覚めにとって良い事のようです。

タイマーを掛けてあったかいようにしておく

布団から出たくない予防でタイマーで部屋を暖めたり、朝に電気毛布がつくようにする。
ちなみに以下の2つを組み合わせるとタイマー式電気毛布が完成します。

寝具

人生の多くの時間を過ごす寝具は快眠に重要だと言われています。
肩こりや腰痛がある場合寝具が合っていない可能性が高いです。

材質、高さ、大きさ、形などこのように様々ですので自分にあった枕を探してみてください。

マットレス

柔らかすぎるマットレスは寝返りが打ちにくく腰痛の原因になります。
自分の体重に合わせた硬さを選ぶといいそうです。

寝る前にしてはいけない事

食事

胃の中に食べ物が残っている状態だと胃は起きていなければならなくなり、快眠の妨げとなります。
また、カフェイン、アルコールも睡眠の質を下げる原因となります。

明るい光

体内時計を狂わせ睡眠を妨げます。寝る前はしばらく明るい光を避けた方がいいです。

考え事

考え事は眠れない原因の中で一番じゃないでしょうか。
考えるなと言われても難しいのですが、紙にかいたり、クラシック音楽を聞いたり、アロマを嗅ぐと良いと言われています。




このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています