Amazon

ホームページ

シェアボタン

楽天

相互リンク

人気ブログランキング

アクセスカウンター

ツール

格安SIM会社、MVNOとかいうやつまとめ

あなたは通信費にいくら費やしているでしょうか
毎月払う通信費は1000円安くなるだけで10年間で12万円違う事になります。
最近注目されている格安SIMについてまとめました。

Amazonスマートフォンストア

メリット、デメリット

メリット

メリットはやはり単純に安い事
3大キャリアでは7000円ほどかかっている通信費を2000円以内に抑えることも簡単です
本体代の割引を差し引いても3500円ぐらいは変わりますし、
家族の分も合わせてこの先何年分もと考えると一体いくらのお金が貯まるでしょうか?

また契約の仕組み自体はシンプルでむしろ理解しやすいと思う
キャリアだと2年縛りに学割、無駄なサービス、購入補助、家族割、スマートバリュー、ポイント、インターネット通信費とパケット割、プランによって契約できない割引制度、ころころ変わる料金プラン、組み合わせが多すぎる契約内容・・・
みんなその面倒くささの為にショップに丸投げしていますがただのいいカモです

デメリット

キャリアメールが使えなくなる   (Gmailなどに乗り換えることで解決出来るので解約前に整理を)
キャリア特有のサービスがなくなる   (当たり前だが実際そんなに利用しているだろうか?)
契約会社やプランによっては速度が遅い (契約会社によっては問題がない)
APN設定を自分でする必要がある (wifi設定のようなもので高度な知識は必要なし)
乗り換え時に手数料などがかかる (長い目で見れば微々たる数字になるはず)
解約が気まずい (auは電話必須でネットのみで解約できなかった)

契約の仕組み

従来SIMカードというものが切り離されて無かった時代に3大キャリアによって現在のよくわからない仕組みの契約方法が確立されてしまった為、携帯電話の契約は複雑なイメージがあるがこのMVNOは逆にごく単純である。
それは、本体と通信契約をしたSIMの2つを自由なところで買ってSIMを刺してちょっと設定をするだけです

本体の購入

注意事項はあるが契約とは関係がなくなるので
パソコンを買うのと一緒で好きな所で好きな機種を買えばいい(修理などはその販売店による)

ただしここでsimロックとau系ではVoLTE端末というややこしい問題に直面する

機種にこだわりたいならばおすすめはdokomoまたはsimフリーの端末をdokomo系格安sim会社で契約すること

simロック

3大キャリアが販売している機種には、別の携帯会社にそのまま契約できないように端末をロックしている仕組みがあり、注意が必要
解除もできるがその携帯会社に持ち込む必要があり、お金がかかる
解除ができない自身の購入から180日ルールというものも現在存在している

dokomo系MVNOの場合は、dokomoの端末をsimロック解除無しで使えるので、そんなに端末選びに悩むことはないだろう

VoLTE端末(au系)

auの端末を持っている場合とau系MVNOと契約する場合に注意が必要
一応音声通話を4G回線で使える端末で通話の音質がいいらしい
しかしau系MVNOで使う時には、simロック解除必須という厄介な問題を引き起こす
mineoサイトにあるauプランの対応表が参考になる
VoLTEにしか対応していない端末には注意

例としてauで販売している端末の基本的な対応表

 ↓回線  端末の種類→  LTE、ロック有 LTE、ロック無   VoLTE、ロック有  VoLTE、ロック無 
au系MVNO  〇  〇 ×  〇
dokomo系等それ以外 ×  △ ×  △

つまり場合によっては、今まで使っていた本体でも流用できるという事
auで買った本体でもau系MVNO(UQ、mineo)と契約することで使用可能
auからdokomo系softbank系など、別系統に端末を引き継げるかは、会社により使っている電波の周波数が違う為、その端末が対応しているかによる

通信契約

通信契約をしているSIMカードを本体に入れる事でそのスマホにLTE通信機能が追加される
電話契約も選べるしMNPも可能
回線自体はDoCoMoやauの回線を使う為つながる場所は変わらない
速度についてはその会社の理論値ではなく実測値を検索した方がいい

プランはシンプルにデータ通信量の上限を選ぶことと電話契約の有無、あとスマホに対応したSIMカードの種類を選ぶという3点を決めることだけの事が多い
データ無制限プランが速度が遅いという点には注意か(KbbsとMbbsではMbbsが1000倍速い)

※契約会社のチェックポイント
dokomo系だとVoLTEsim問題が無くその後の機種変更が楽
auプランとdokomoプランがあり1社で2つの電波を扱っているmineo
速度がキャリア並みなのはUQモバイル、Ymobile
LINEサービスが通信料にノーカウントとなるLINEモバイル


UQモバイルを使ってみた感想

au系MVNOで速度が快適との事で契約
auで購入したshl23をそのまま流用しました
※追記 UQの動作確認表に無いsimロック有au版iphone6SでLTEのnanosimでも契約
プランはデータ高速プラン+音声通信プラン(データは上限3Gで残った分が翌月に繰り越される)

auと契約していた時との電波に関する違いは全く感じられず
Eメールの履歴が消えたことはちょっと想定外だったが普通に快適です
これで1800円とは正直3大キャリア使ってる人馬鹿なの?って思うレベル
好きなタイミングで機種変更ができる上に1年契約後は解約手数料も無い模様でこの開放感は3大キャリアにはありませんね
うっとおしいメルマガからもおさらばです




このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています